編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


レンチンだけでラクラク犬のごはん

2022年12月15日
編集後記
かわしま

マイナビ出版さんで好評を頂いている、ペットの手作りごはんのレシピ本、『一緒に作って食べられる 犬のごはん』『作り置きで簡単! 犬の健康ごはん』『はじめて作る 猫の健康ごはん』のシリーズは、どれも大好評で、 これらに続き、なんと第4弾『電子レンジで簡単! 犬の健康ごはん ~出汁を活用した、ワンコも飼い主も楽しい健康生活〜 […]

→ 続きを読む

徳川家康の人生は奥が深い。

2022年10月24日
コラム
橋本真優

皆さん、どうもこんにちは。 スタジオダンク編集部の橋本です。 3回目の登場になります!今回もよろしくお願いします。 ようやく猛暑が終わり、朝晩は冷えやすく、秋の深まりを感じる今日この頃です。 急な気温の変化で体調を崩しませんよう暖かい格好でお過ごしください!! 前置きはこのぐらいにして。 今年の1月よりNHKで放送が始 […]

→ 続きを読む

災害の備え、できていますか?

2022年10月19日
編集後記
江島

フィグインク所属の新人編集者、江島です。   先月、初めての出張で、撮影のため神戸まで行ってきました。 直前までバタバタと忙しなかったことに加え、 移動日に台風が直撃したこともあり、言いようのない緊張感があったような気がします……。 ひとまず無事に行って帰ってこられてよかったです。     […]

→ 続きを読む

幻想的な世界観をそのまま味わえるレシピ本

2022年10月7日
コラム
さかぐち

「満月珈琲店」という喫茶店をご存知ですか? イラストレーターの桜田千尋さん(@ChihiroSAKURADA)が描く“疲れた人だけが訪れることのできるお店”という設定の、架空の喫茶店です。お店のメニューは月や星などをモチーフにした、幻想的で可愛らしいもので、その世界観に多くのファンがついています。   202 […]

→ 続きを読む

reach outな制作でした

2022年8月19日
コラム
やまだ

少し前、上野の森美術館で行なっていた『木梨憲武展 Timingー瞬間の光ー』を見に行ってきました。新型コロナウイルスの影響により延期になっていたもので、2年越しで東京での開催となったものでした。会場はかなりの大盛況で、カラフルな絵、ダンボールやお菓子、薬などの空き箱でつくられた変な顔(いや、かわいい顔)のモチーフ、アル […]

→ 続きを読む

野菜ひとつでできるおかずも掲載!「つくりおき副菜100」

2022年5月23日
編集後記
日根野谷麻衣

月間300万PV以上を誇るWebサイト「週末の作り置きレシピ(https://mayukitchen.com)」を運営する 会社員兼料理家、スガさんの最新本となる 「つくりおき副菜〜パパッと便利な野菜のおかず100〜(マイナビ出版)」が発売中です。 副菜は目にも体にもうれしい「万能おかず」で、 つくりおきしておくと「食 […]

→ 続きを読む

プロ目線で教えるドリンク作り

2022年4月25日
編集後記
さかぐち

タピオカブームからはじまり、チーズティー、クリームソーダ、わらびもちドリンクなどさまざまなソフトドリンクが流行しています。多種多様なドリンク専門店が次々にオープンし、飲食店でも趣向を凝らした飲み物を見かけることが増えました。 カフェインとアルコールを愛してやまない私も、定期的に出てくる最新ドリンクにはいつも興味を惹かれ […]

→ 続きを読む

単純だけど難しい…自分の言葉の力を育てる方法

2022年3月15日
編集後記
中村ゆうと

2021年にスタジオダンクに入社した、新人編集者の中村です。 前職はWEBライターとして、コンビニスイーツや日用雑貨、アニメなどのレビュー記事を毎日書いていました。 ただ、以前と比べて文章を書く頻度が減ったこともあり、久しぶりに何かを書こうとしても、 うまく言葉が出てこず、文章にまとまりがなくなってしまったことが最近の […]

→ 続きを読む

占いで唯一当たったお金のはなし

2022年2月25日
編集後記
にしむら

昨年末にふと思い立って、浅草にある手相占いに行きました。 占ってもらった内容は、自分の人生がこれからどうなっていくのか。それ以外で特に悩んでいることもなかったので、消去法でそうなりました。   私の手は大きくはないけれど厚みがあって、小さいころから「クリームパンみたいね」と家族に言われるほど。そんな私の手です […]

→ 続きを読む

色えんぴつにときめいて

2022年1月12日
編集後記
若狭 和明

削ってぬって、削ってぬって広がる世界   ケースを開けると、色とりどり36の色えんぴつがきれいに並んでいる。一種の美術品を見ているようで、使うのがもったいない。最近は100色の色えんぴつも出ており、どれを使おうかと考えるだけで、心が踊る。   子どものころは色えんぴつに限らず、新品の文房具はとても気 […]

→ 続きを読む