編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


重版出来3刷御礼! メルヘンでファンタジーなイラストの技法書! 『メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック』

2019年11月8日
編集後記
石井貴大

こんにちは、企画制作部の石井です。 今回は私が企画編集を担当しました、 佐倉おりこさんのイラスト技法書 『メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック』 を編集後記という形でご紹介します。 ※本当は2冊目もあるので一緒に紹介したかったのですが、 気づいたら文章が多くなってしまったので今回は1冊目だけにしまし […]

→ 続きを読む

みやさんのつれづれ4コマ漫画〜ゲームとともにある人生〜

2019年10月25日
コラム
みやさん

デザイン部のみやさんです。ジョンさんに引き続き、私も4コマ漫画をお届けしたいと思います。 【ネタ被り】 まさかネタが被ると思いませんでしたが、気にせずにいこうと思います。 この一枚だけペンの設定が違うのをお許しください。 【BGM】 正確にはアニソンではありませんが、どう括るのが正しいのかわからなかったので、ここではア […]

→ 続きを読む

重版出来のレシピ本第二弾「メスティン自動レシピ」のオススメレシピ4選

2019年7月19日
編集後記
渡辺 有祐

メスティンレシピは9刷出来 2019年7月18日に、山と溪谷社から「メスティン自動レシピ」が発売されました。 「メスティン自動レシピ」(山と溪谷社) 昨年出版された「メスティンレシピ ~trangia公認~」に引き続き、フィグインクで制作させていただきました。 初代メスティンレシピ発売から1年ほどが経ちましたが、現在9 […]

→ 続きを読む

【神業】凄すぎる昆虫の能力3選

2019年6月21日
コラム
こえだ

こんにちは。こえだです。 突然ですが、こんな本、つくりました。 朝日新聞出版社(2019年6月7日発行) 中身は3〜5歳向けの知育本。 (知育=知能を高め、知識を豊かにするための教育) 昆虫好きのお子様は必見!!! そんな本の中に、こんな企画があります。 その名も、 「こんちゅう ナンバー1!」 このページでは、世界中 […]

→ 続きを読む

飼い主と犬の食事を同時に作るレシピ本『一緒に作って食べられる 犬のごはん』制作秘話

2019年5月17日
編集後記
かわしま

【大学の友人Aと某居酒屋での会話】 A「最近、うちの犬、毎月病院に行っているんだ」 私「調子悪いの?」 A「臓器とかいろいろ……。でも、もう13歳のシニア犬だから、 手術する体力がなくて、薬飲ませるしかないんだって。 ドックフードも食べられなくて、犬用の手作りのごはんをあげてるの」 私「B子(同級生)の犬も同じらしいよ […]

→ 続きを読む

3〜6歳にプレゼントしたい「えがじょうずになる本」がオススメの理由

2019年5月10日
編集後記
柏倉友弥

  2018年11月、池田書店より発売された「3~6歳 カモさんのえがじょうずになる本」が好評につき、台湾版としても出版されることが決定しました。   2018/11/13「3~6歳 カモさんのえがじょうずになる本」(池田書店)Ⓒカモさん   本書は、人気イラストレーター・カモさんのかわい […]

→ 続きを読む

ネイルUP!88号(3月23日発売) 企画で学んだ、セルフのジェルネイルを実践!

2019年5月3日
編集後記
さかぐち

隔月刊の雑誌『ネイルUP!』(ブティック社発行)の制作チームになり、半年以上が過ぎました。 今号では自分でジェルネイルをするときの基礎を紹介する「セルフジェルネイル A to Z」という企画を任され、全く知識がないところから勉強していたネイルについて、復習をすることができました。 今回は、そこで学び直したことを実践し、 […]

→ 続きを読む

モンテッソーリ教育に学ぶ 日々の暮らしに“子育て”のヒントあり

2019年3月28日
編集後記
若狭 和明

子育て関係の書籍を制作 文化出版局より「モンテッソーリ子育てグッズ」を発売しました。子どもの自立をうながす、準備する力を伸ばす、手先を器用にすることを目的にしたグッズの作り方を解説しています。     2019/2/25「モンテッソーリ子育てグッズ―子どもたちに作りたい贈りもの―」(文化出版局) 著 […]

→ 続きを読む

シリーズ「制作現場で見た!」① うまい肉は、どっちだ!?

2018年12月11日
編集後記
若狭 和明

焼肉店で打ち上げだ! 本が完成したから「焼肉店で打ち上げだ!」、というような景気のよいことはいえず、自身のご褒美として晩酌にビール1本を増やすくらいなのがこのご時世。それが当たり前の日々なので、なんてことないといえばなんてことないのですが、今回の本を作ったあとは、無性に焼肉が食べたくなりました。なぜなら、作った本が『焼 […]

→ 続きを読む