編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


犬の健康、作りませんか?

2021年1月31日
編集後記
かわしま

まだまだ先の見えないコロナにうんざりする毎日ですが、

リモートワークになって以前よりもペットと一緒にいる時間が増えた

という人もいるのではないでしょうか。

 

ペットが自分と遊んで欲しそうに待っているのに、

どうして自分は仕事をしなくてはいけないのだろう……?

 

と葛藤しながら大切なペットを見ていると

 

いつの間にか、もうシニアの年齢になっちゃったな……。

あれ? 最近、少し太ってきたかな……?

毛並みにツヤがなくなってきたかな……?

 

など、今まで特に意識できていなかったペットの健康に

気になる点が出てきたりしていませんか?

 

「家族の一員であるペット(犬)には長く健康でいてほしい…」

 

2019年、友人との会話から企画が生まれ

(詳しくはhttps://www.st-dunk.com/archives/1187

マイナビ出版さんから出させていただいた犬の手作り健康ごはんのレシピ集

『一緒に作って食べられる 犬のごはん』を作ってから早2年……

なんと4度の重版になるほどの好評を頂きまして

第2弾の発売が決定しました!!

その名もズバリ

 

『作り置きで簡単! 犬の健康ごはん』

マイナビ出版(2021/1/26)

手作りごはんのメリットは、病気になりにくい体を作ることです。

市販のフードだけでは不足がちな水分や栄養素を補うことで

体の不調を改善し、病気や加齢に負けない健康体を維持します。

そのために大切なのが、毎日の食事。

けれども、毎回きちんと手作りするのはしんどい……

ぶっちゃけ人間のごはんだけで手一杯……。

そんな忙しい飼い主とワンちゃんたちを再び救うために生まれたのが、

この2作目なのです。

 

前回は「人間のごはんのついでに作れる」がテーマでしたが、

今回のテーマは「まとめて作って常備する」をテーマに冷凍保存できるレシピを紹介。

1食分ずつ小分けに冷凍して、ごはんのときにレンジで解凍するだけでOKなので

無理なく毎日続けることができます。

 

さらに、その料理に合った保存容器から冷凍保存のコツまでを紹介している親切設計!

 

さらにさらに、はじめて手作りごはんに挑戦する飼い主さんのために、手作りごはんの与え方指南や注意点も掲載しているので、初心者でも問題なくスタートすることができます!

 

今回、制作に協力してくださったのは、前作も監修いただいた

ペット食育協会の会長である須崎動物病院の須﨑恭彦先生と、

ペット食育協会の食育士のみなさまです。

ペット食育協会のサイトには、ほかにもたくさんのレシピが掲載されています。

興味のある方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ペット食育協会 http://www.apna.jp

 

(おまけ)

料理撮影の裏側をパシャリ。こんな感じに撮影しております。

 

かわしま
スタジオポルト所属。日々、新しい本のネタ探しに奔走中。食べることと飲むこと、妖怪や動物が好きです。