編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


【自粛生活でわかったこと】映画は人生の羅針盤になりえる!!

2020年6月16日
コラム
田山

2ヶ月近く続いていた自粛生活。みなさまどう過ごされましたか。

自粛生活を問題なく過ごせた事は、医療を始め、ライフライン関連に携わる多くの方の働きがあってこそ、

まずは心より感謝いたします。

自粛生活を機に、様々な動画サービスの利用を始めた方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで、私が「超個人的主観で勝手に選んだ」おすすめ映画を紹介しますー!

 

撮影1日=映像5秒分!

犬ケ島』(2018年・101分)

犬インフルエンザの蔓延により、隔離されてしまった愛犬を探す少年の物語。

よく「神は細部に宿る」という言葉に聞き覚えがあるかと思いますが、

神を細部に宿らせたらピカイチの監督、ウェスアンダーソンの作品です!!!

全編、ストップモーションアニメなのに、設定、キャラクターの造形、カット割り、構図、

わずか1秒程度しか写り込まない小道具まで、微に入り細を穿つような作品の仕上がりで見応えがあります!

物語も少しエッジの効いた仕上がりになっており、

よく言う「カワイイ~」の一辺倒で仕上がっていないところも魅力!

もっと細部が観たいと思われた方はアートブックも出ておりますので…。

 

映像技法&圧倒的没入感

『1971』(2020年・153分)

第一次世界対戦下において、伝令を頼まれた若き戦士の物語。

2020年のアカデミー賞ノミネート作品なので目にされた方も多いのではないでしょうか。

全編ワンカット風な撮影技法を持ちいており、開始から凄まじい没入感&緊張感が味わえます。

アングルも常に低めで、まるで自身が戦場に身を置いているかのようです。

戦争を描いた映画ですが、時折の美しい風景や主人公に心奪われてしまう場面もあり。

戦争は他愛のない日常と隣り合わせなのだと再認識させられる一本です。

 

アクション+ヒューマンドラマ

『マッドマックス 怒りのデスロード』(2015年・120分)

荒廃した砂漠でガソリン&水を争う話ですってあらすじを書いてる私が戸惑いますが、

本当にどシンプルストーリーです。これだけです。

ですが!細部まで作り込まれた世界観と凄まじい追跡、炸裂するバトルで

ストーリーがグイグイ推し進められます、振り落とされそうになる瞬間もちらほら…

とにかく不屈の傑作でございます。

鑑賞後よく言われる「椅子から立てない…」をまさに体感することになるとは。

ちなみに、ジョージミラー監督75歳です…(感服)!

 

THE・漢!

『フォード&フェラーリ』(2019年・153分)

モータースポーツ、ル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォード社の男たちの物語。

レースの臨場感あり、大企業の社内政治あり、友情あり!何よりも2人の主演の熱量が最高です!!!

目的や信念に突き進む人間は圧倒的にかっこいいーーーー!と画面からビシビシ伝わってきます。

F1?モータースポーツ?って何??…って人でも楽しめる爽快作品です!

余談ですが、今年のル・マン24時間耐久レースは6月から延期になり9月開催となりました、楽しみです。

 

SF映画の新・金字塔

『インターステラー』(2014年・上映時間169分)

地球の寿命があとわずかとなり、居住可能な惑星を探す壮大な宇宙の物語。

圧倒的な映像美とロジカルに組み立てられた脚本。

こんなSF映画観た事ない、鑑賞後衝撃を受けました。

今までのSF映画の常識を・宇宙空間の描き方を覆した作品ではないでしょうか。

約3時間と長丁場ですが、お時間のあるときに是非!

 

おわりに

映画は2~3時間で様々な世界に浸ることができ、かつ考えを広げてくれる、

重要な文化の一つだと思って映画館に足を運んでいます。

ぜひ、自分に寄り添う一本をみつけてみてください。

パンフレットも、デザインはもちろんのこと、作品に合わせた加工や造本が多く、

編集内容も学ぶ部分が非常に多いので購入してみてくださいね。

田山
デザイン部所属。 猫います。 無人島に持っていきたい書体、未だ決まらず。