編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


【新刊紹介】楽しくなぞなぞをといて、語彙力UP!

2020年6月1日
編集後記
さかぐち

          

トキメキかわいい 女の子のなぞなぞ(左)

わくわくかっこいい 男の子のなぞなぞ(右)

小野寺ぴりり紳 著

高橋書店

 

長かった緊急事態宣言が解除されましたが、みなさんは自粛期間いかが過ごされたでしょうか。

 

今回は自粛期間中である4月27日に高橋書店より同時発売された「トキメキかわいい 女の子のなぞなぞ」、「わくわくかっこいい 男の子のなぞなぞ」の2冊をご紹介します。

なぞなぞ本は、遊べば遊ぶほど語彙力が育まれるとして児童書でも人気のジャンルです。

本書ではより興味を持って楽しんでもらえるよう、小学生の間で流行っている児童アニメのデザインや色使いを参考にしながら、

女の子のなぞなぞは

とにかくキラキラ盛り盛りでかわいく!

 

男の子のなぞなぞは

クールでカッコ良くスタイリッシュに!

というコンセプトでまとめました。

問題もなぞなぞだけでなく、間違い探しや迷路、謎ときなどが盛りだくさん。小学校低学年〜高学年まで満足できるものになっています!

各章はテーマに沿った物語展開になっているので、なぞなぞをときながらさまざまなストーリーが楽しめちゃいます!

さらに女の子はおまじないや心理テスト、男の子はマメちしきやミニクイズのおまけ付き!

知り合いの息子さんが、この春から小学3年生ということで発売した本を早速プレゼント!

休校でヒマになっていたお家時間にもってこいだったようで、夢中で読んで「学校があれば持って行って友だちと遊べるのに〜!」と悔しがっていたそうです。

とても喜んでくれて、お礼に折り鶴をもらいました!

こうした生の読者の声が聞けるのは、編集者冥利に尽きます。

学校が再開したら、お友だちとも楽しんでもらえることを願います!

 

本を制作するときは「自分が読者だったら何を見たいか」ということを常に考えます。

しかし、読者対象である小学生のころの私は、とにかく活字を読むのが苦手で本に触れても絵ばかり見ている子どもでした。

なので、そんな子どもも手に取りたくなるようなにぎやかな表紙と、キレイなイラスト満載の中面で、眺めているだけでもわくわくする本になるように意識しました。

(もちろん最終的には、なぞなぞもといて欲しいですが!)

 

 

そしてカバーを外したら、新しい発見があるかも……?

何があるのかは、実際に本を手に取ってお確かめください!

読み終わった本のカバーを外しておまけを見つけると、ちょっと嬉しい気持ちになりますよね。

そんな楽しさも味わってもらえればと思います。

 

まだまだ思いっきり外で遊べない日が続きそうですが、なぞなぞに挑戦するお家時間はいかがでしょうか。

さかぐち
フィグインク所属。隔月刊のネイル誌を制作しながら、書籍編集も頑張ります。趣味のマンガ・アニメなどのサブカルチャーや、小物作りに関した本が作りたいです。