編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


芸術の秋🌰🍂と新しい挑戦👊😎

2023年10月31日
コラム
カトウ

 

こんにちは。

 

最近映画のレイトショーにはまっている編集部の加藤です。

仕事に余裕のあるときは週一くらいのペースで退勤後に映画館に立ち寄って

そのとき気になった映画を観ています。

 

ある映画をめちゃくちゃ見たかったのに、うっかり見逃してしまいました。

それが期間限定でリバイバル上映されることを知って今からそわそわしている今日この頃です。

円盤化の望みも薄く、泣く泣く諦めていたので嬉しい。

 

絶対観に行く! 本当に楽しみです。

 

さて、10月に入り、ようやく秋らしい空気になってきました。

秋といえば、みなさんはなんの秋を想像しますか?

 

私は芸術の秋! 

 

ということで、先日、カメラマンの北原千恵美さんの写真展に行ってきました。

写真展名は『視覚の呼吸』。お名前を聞いただけでもとっても素敵……!

HPを見ながら「これは絶対に行きたい!」という話になり、

先輩とふたりで馬喰町にあるギャラリー「MONO GRAPHY」さんへ。

入り口の青い看板が目を引きます。

階段を登ってスペースに入ると、北原さんの撮った写真がずらり。

きのこの写真が可愛い!

木々や水の空気感とか温度感が伝わってきて、

思わず見入ってしまう素敵な写真ばかりでした。

ギャラリー内には写真集を購入できる物販ブースも。

 

撮影したときの裏エピソードなども聞けて、思わず長居してしまいました。

(北原さんありがとうございました!)

 

写真展は10月1日までだったのですが、北原さんの写真集はこちらからも購入できるようです。

みなさんもぜひ、チェックしてみてください!

 

話は変わり、ここからはプライベートのお話。

雲ひとつない(本当はふたつくらい雲あった)よく晴れたとある休日、

人生初のバンジージャンプをしてきました。

 

これまでも飛んでみたいなと思いつつ、なかなか機会がなかったのですが、

「バンジー飛びたーい」と言ったらノリのいい先輩方が付き合ってくれることになりました。やったぜ。

 

何事も挑戦あるのみ。

 

といっても、よみうりランドに常設されているアトラクションで、

高さ22メートル、ビル7階くらいのところから飛ぶ、比較的ライトな気持ちで挑めるやつです。

 

係のお姉さんにハーネスをつけてもらってうきうきでジャンプ台へ!

(ジャンプ台へ向かうまでの階段がきつすぎて、何度リタイアしようと思ったか……)

階段地獄が待ち受けていることを知らない頃の私(撮影:先輩)

 

ひぃひぃ言いながらもなんとか上に登ってみると……

意外とそんなに怖くない!

網状の足場から下が見えるのですが、メガネをはずしていているので景色はぼんやり。

「よく見えてないから余裕じゃん!」と、意気揚々とジャンプ地点へ。

 

いや、高ッ!!!!!

こわッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!

 

22mを舐めていました。

でもうしろには次の人が待っているし、躊躇っていても仕方ない。

 

係のお兄さんの陽気なカウントダウンにあわせて、

いざ! 飛翔! 

というより落下!

シンプルに落下!!!!!!!!!!!!!!

 

前に倒れるようにと指導されたので、飛ぶというより落ちました。

バンジージャンプじゃなくてバンジー落下に改名したほうがいいよ。

 

落下(ジャンプ)中の圧倒的浮遊感!(死ぬ~~~)

ジェットコースターやフリーフォールに乗ったときの内臓が浮くような感覚が大好きなのですが、

高いところから身一つで落ちるとなると、本能でからだが怖がるみたい。

 

そして最下点に到達した時の衝撃。

「キャー!」でも「ウワーッ!」とも言わず無言で落ちていき、

最後に「ゔぐっ」というかわいくない呻きだけを残して私の初バンジーは終わりました。

 

先輩方、ビール片手に私の初バンジーを見守っててくれてありがとうございました。

心強かったです。今度は一緒にバンジー飛びましょうね。

 

バンジー後にはよみうりランドで遊びまくり、充実した1日でした。

次は橋の上から飛ぶ(ジャンプ台まで階段じゃない)本格的なバンジージャンプしたいな。

 

挑戦はまだまだ続く……。

カトウ
フィグインクに所属しています。 廃墟と水族館とアイドルと洋ドラが好きです。