編集、デザイン、写真、メディア運営……クリエイティブの視点からコンテンツを提供する スタジオダンク


キャンプをはじめたい超初心者向け入門書【動画制作】【海外取材】

2020年5月1日
編集後記
渡辺 有祐

外出自粛を求められている中でゴールデンウィークが始まってしまいました。

多くの人の努力により、減少傾向にある新型コロナウイルスの感染者数ですが、緊急事態宣言の効果も不十分ということで、延長されるようです。

弊社も80~90%はリモートワークに切り替えており、打ち合わせなどもテレカンで行うなどで人との接触を極力減らしながら業務についています。

気温も穏やかになり、これからというときに外出できないにももどかしいのですが、4月に発売になった制作物を紹介させていただきます。

外出できないのにキャンプの本ですいません

「いちばんやさしいキャンプ入門」(新星出版社)という本を制作させていただきました。企画がスタートしたのは約1年前くらい。とは言え、丸々1年の月日をかけて制作をしたわけではありません。

翌年の4月に発売するキャンプの本の場合、前年の緑生茂る時期に撮影をしておきたいわけです。ですので、ロケは昨年の9月頃に行いました。

本書の特徴はズバリ「いちばんやさしい」ところにあります。つまり「わからないことがわからない初心者」の立場になって制作することを目指しました。

監修の長谷部雅一さんは、リアルな場で初心者向けワークショップを行っており、初心者がつまずきがちなことを熟知されています。

また、出版担当の方にもロケの際に初めてのキャンプ体験をしてもらい、気になったことやフォローして欲しい点などを誌面に活かしております。

誰でも簡単にできるキャンプ料理のレシピも掲載されいますし、

簡単なウッドクラフトのハウツーも紹介しています。

また、今回は誌面と連動した動画コンテンツも制作しました。最近はやはり本だけではなく動画のご依頼も増えておりますね。こうしたご要望にも弊社では柔軟に対応しています。

こちらはテントの立て方の紹介動画です。撮影用に使ったテント限定の立て方にならないよう、一般的なテントを立てるときの注意点を、手順を追って紹介しています。

こちらはタープの立て方動画になります。初心者はもちろん、中級者でも目からウロコなコツが紹介されています。こちらを見れば大きなタープも1人で設営できるはず!

キャンプはハードルが高いと思っている方も、本書ではピクニックの延長上にキャンプを据えているので、実にはじめやすくなっていると思います!

撮影協力:後藤秀二

キャンプ道具でいちばん悩むテントの選び方

ついでにもう1冊キャンプムックを紹介させていただきます。年2回刊で制作させていただいている「CAMP LIFE  Spring&Summer Issue 2020」(別冊山と溪谷)

今回は「テント大全」ということで、テントを徹底的に掘り下げました。

キャンプにテントは欠かせません。しかし安い買い物ではありませんから、失敗はしたくないもの。そのため、たくさんのテントを誌面では紹介させていただいております。

巻頭特集では、2020年の最新テントを有識者に実際に設営をしてレビューをしてもらっています。使い勝手を参考に選んでみてもいいでしょう。

また、キャンプインスタグラマーのステキなテント写真から、自分がどんなテントを使ってみたいかイメージしてみてもいいかもしれません。

ちなみに、こちらは4月売りですが、特集内容の決定が1月になってしまったので、マイナス気温の2月に撮影をしております。

3月に入ると、比較的暖かい日もあったりしたのですが、今となってはこうしてロケをしていたこと自体が懐かしいですね。

メスティンレシピの「メスティン」を生んだ本国への取材

弊社で制作させていただいた「メスティンレシピ」(山と溪谷社)で題材にもなっている「メスティン」というアルミ飯盒。

こちらを生んだトランギアというメーカーの取材のため、本国スウェーデンに行ってきました。こちらの様子がCAMP LIFEで6Pに渡って紹介されています。

取材は2月上旬に行ったのですが、首都ストックホルムには北欧なのに雪がありませんでした。スウェーデンでもこんなことは珍しいそうで、かなり暖冬だったとのこと。日本も雪不足でしたね。

トランギア社はストックホルムより北のトロングスヴィーケンという小さな街にありましたので、そこでは北欧感のある景色を眺めることができました。

オーレというスキーリゾート地でスノーハイク体験もしてきました。

 

以上、2冊のキャンプ・アウトドアの本を紹介させていただきました。胸を張って外に出かけられる日に向けて、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

メスティンレシピについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

重版出来のレシピ本第二弾「メスティン自動レシピ」のオススメレシピ4選

渡辺 有祐
フィグインク代表取締役。キャンプから登山、ダウンリバーまで、野外活動を趣味としながら、書籍の編集ライティングを生業とする。また、アウトドア料理専門レシピサイト「ソトレシピ」の編集長も務める。